« 訴えた方が電話会議 | トップページ | 読書日記「性の進化論」 »

2019年7月31日 (水)

書面が出ないなら、期日変更か何かして欲しいの巻

 提出期限を過ぎても相手の弁護士から書面が出ておらず、前日になっても出ていないので裁判所に確認もしたが出ていない。
 裁判所からも督促をしているが「出ない」のである。

 そして裁判当日に期日に行くと、「間に合いませんでした」ということで期日だけ決めて帰ってくることがある。
 京都地裁でも、裁判所まで行って帰ってくると1時間近くかかるのである。
 これが例えば少し遠い裁判所だと、何の為の私は期日に来ているのかという話になる。
 大阪でも往復3時間程度はかかるのである。

 書面が間に合わないなら、事前にそのように話をして期日変更申請をしてもらうか、こちらが遠方の裁判所まで行かないといけない場合には、裁判所と掛け合って、こちらは電話会議になるよう取り計らうなどすべきなのである。
 まあ、そんなところまで気が回らないから、書面が間に合わないのだろうけど。。。

 織田信長であれば、切腹ものであろう。

 以上です。

|

« 訴えた方が電話会議 | トップページ | 読書日記「性の進化論」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 訴えた方が電話会議 | トップページ | 読書日記「性の進化論」 »