« 今週の小次郎 | トップページ | 委任契約書を作らない弁護士 »

2019年7月 2日 (火)

雨の中のカラス

Dsc_0111

 雨に打たれてカラスがとまっている。
 かなりの強さの雨だが、こういう時鳥はどこで雨宿りしているのであろうと時々考えている。虫もそうである。
 基本的にはカラスの羽が水をはじくのだろうが、それとても限界があるように思われる。
 顔を見るとけっこう愛くるしいカラスであるが、生ゴミを散らかしたりして、あまり好かれてはいないのではなかろうか。
 しかし、全世界に対して、身体一つで生きているカラスを少し応援したい気になることがある。
 豪雨が続いているが、被害ができるだけ少ないことを祈るしかない。
 自然の猛威の前には、人間ができることは限られている。

|

« 今週の小次郎 | トップページ | 委任契約書を作らない弁護士 »

コメント

昨日、野口雨情の七つの子のことを考えていたばかりでした。烏を敵視する気持ちにはなれません。

投稿: | 2019年7月 2日 (火) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の小次郎 | トップページ | 委任契約書を作らない弁護士 »