« 白くて長い腕の毛 | トップページ | 読書日記「我らが少女A」 »

2019年9月11日 (水)

 大変どうでもいいのだが、果物の中で一番梨が好きである。
 その中でも20世紀が一番好きである。

 梨は出始めの高い頃から買って、終わりの頃まで食べている。
 2代目小次郎も梨が好きで、私が食べていると横で「ちょうだい」という感じで座っている。
 だいたい私が3分の2をかじった残りをあげるとシャリシャリ食べている。
 歯ごたえがよいのであろう。

 今まで食べた梨で一番美味しかったのは、お中元でもらった一つ1万円くらいする梨であった。
 どっちの料理ショーという終わった番組でも幻の梨として紹介されていた。
 名前も産地も忘れたのだが。

 ビタミンを取るという意味では、果物は食べた方がいいと思うのだが、果糖は太るから摂取するなと書いてある本などもある。
 身体に悪いわけはないと思うのだが、どうであろう。

|

« 白くて長い腕の毛 | トップページ | 読書日記「我らが少女A」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白くて長い腕の毛 | トップページ | 読書日記「我らが少女A」 »