« 5時前から起きて書いている訳ではありません | トップページ | 読書日記「夏物語」 »

2019年9月 5日 (木)

読書日記「東国武将たちの戦国史」

 河出書房新社。西股総生。

 太田道灌時代から、後北条家が滅びるまでの東国の争乱をまとめた一冊。
 太田道灌は悲劇のヒーローのように思われているが、彼は彼でやはり自らの権益を確保するために動いていたことがわかる。
 武田家、長尾家(上杉謙信)、今川家、北条家の置かれていた地位、合戦、軍略が簡易に整理されている。

 これは戦国マニア向けの本であり、全く一般向きではないので、趣味の中でも極まった読書である。
 戦国時代は新たな歴史史料などに基づいて再構築されて、研究が進んでいるので、マニアもそれに応じて勉強が必要である。
 一般の人にはどうでもいい話だけど。

|

« 5時前から起きて書いている訳ではありません | トップページ | 読書日記「夏物語」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5時前から起きて書いている訳ではありません | トップページ | 読書日記「夏物語」 »