« 今週の小次郎 | トップページ | 無駄な期日を適切に調整する »

2019年10月16日 (水)

緑色のものが見える

 今は全くないのであるが、小学校くらいまで、時々視界が緑色になって物が見えなくなることがあった。
 外ではならず、自宅でぼんやりしている時にそういう状態となっていた。
 なんとなく怖かったので母親に言ったが、「生きてたらそういうこともある」で片付けられた(小さい頃から多分喘息で、時々呼吸ができないようになるということも伝えたが、母親は同じ反応であった。夏場は大丈夫なのだが、冬場走っていると本当に呼吸が苦しい時があった。冷気を吸い込んで、細くなった気道で走っていたと推測される。まかりまちがったら死んでいたかも知れないのである。今はコントロールしているので冬場も大丈夫だが。)。
 あれは何だったのだろうと思うが、今は特段何も症状がないので、時々ふと思い出すのである。

|

« 今週の小次郎 | トップページ | 無駄な期日を適切に調整する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の小次郎 | トップページ | 無駄な期日を適切に調整する »