« 読書日記「平成はなぜ失敗したのか」 | トップページ | 読書日記「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」 »

2020年1月30日 (木)

本屋に行く楽しみ

 京都にある四条のジュンク堂書店が閉店するという報道に少し前に接した。
 町中の小さい書店も苦戦している中、大型書店も閉店がなされ、大変に寂しい気持ちである。
 本屋の数は、その町の民度を反映しているように思っている。

 全国で一番人口に対して書店が多いのは宮城県だそうである。

 近時若者の本離れが指摘されており、本屋に行っても悲しいことにライトノベル、マンガなどのコーナーで売り場面積の半分くらいを占めていたりする。本自体も、昔のように爆発的に売れたという話しを聞かない。

 私自身は、週末にできるだけ本屋に行くようにしている。近くの大型書店であるが、ここも文房具や雑貨などの売り場が広げられてしまい、本の売り場面積が小さくなってしまい、大変残念なことである。駅前には大型書店が2つあるが、ここは平日は閉店した時間にしか帰らないので、土日に仕事に行った帰りなどにたまに寄って本を見ている。

 本屋に行って本棚を見ているのは楽しく、つい買い過ぎるのであるが、自宅で購入したまま読んでいない本が大量にあることを思うと罪悪感を感じる。しかし、本というものは買いたいと思った時に買っておかないと、絶版になったりするものなのである。
 本は本当は購入して直ぐに読むのが一番早く読めるそうであり、経験的にもそうであるが、買う時は3~5冊くらいまとめて買うので、いつまでも部屋の読んでいない本が減らず、読んだ本を入れるための本棚に移せないのである。
 
 出張のあと、移動で本を読み終えていたにもかかわらず新しい本と入れ替えるのを忘れていた時ほど朝の出勤時間でショックなことはないのである。そういう時には、これからは常に次に読む本を入れておこうと思うのだが、鞄が重くなるのでハードカバーなどになると辛い。先日は読む本がなかったので、仕方なく、アマゾンのKindleで本を購入したのだが、マンガならいざしらず、活字の本は基本手に取って読みたいので、そういう本はまた紙ベースで買い足したりしている今日この頃である。

|

« 読書日記「平成はなぜ失敗したのか」 | トップページ | 読書日記「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書日記「平成はなぜ失敗したのか」 | トップページ | 読書日記「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」 »