« 信念の裁判官 | トップページ | ゲームがなかった頃の昔の遊び »

2020年3月25日 (水)

読書日記「戦国時代」

 講談社学術文庫。永原慶二。
 戦国時代について様々な角度から戦国時代の黎明期から終焉まで検証した一冊。
 マニアック過ぎる内容で、一般人では全く読む必要はないであろう。
 しかし、戦国マニアの私はこういう本も読むのである。
 一箇所歴史的に見て明らかな間違いが記載されているのが気になった。
 ほとんどの人に参考とならない読書日記である。

|

« 信念の裁判官 | トップページ | ゲームがなかった頃の昔の遊び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信念の裁判官 | トップページ | ゲームがなかった頃の昔の遊び »