« 今週の小次郎 | トップページ | 悩みのある判決 »

2020年3月17日 (火)

読書日記「本当の翻訳の話をしよう」

 スイッチパプリッシング。
 村上春樹。柴田元幸。

 翻訳も業とする2人が翻訳について語り尽くす一冊。
 2人の外国文学についての博識さに驚かされるとともに、これを読んでいるとそうした作品が読みたくなる。
 2人による翻訳比べも掲載されていて興味深い。
 外国文学もこういう本を見ていると読みたくなるが、翻訳者の力量によって相当な差が出ることをまた痛感。
 読む人を選ぶとは思うが、私には面白かった。

|

« 今週の小次郎 | トップページ | 悩みのある判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の小次郎 | トップページ | 悩みのある判決 »