« 今週の小次郎 | トップページ | ひまわり基金法律事務所開設20周年に当たって(会長談話) »

2020年6月16日 (火)

服のサイズ

 服のサイズがスリム化しているのと、小さくなっているのが不服である。
 昔のMサイズが今はLくらいである。
 服によっては、そもそもLがない場合もある(昔のSサイズが、今はMくらいで、上はMしかそもそもなかったりする)。

 私は肩周りが太いので、細身のシャツだと腕が引っかかるのである。
 腕が太い人の事も考えてもらいたい。
 スリムな人間ばかりではないのであるから、様々なバリエーションを作るべきである。
 中には、大きいサイズ展開をしている場合もあるが、これは、大きいサイズがまたとんでもなく大きいサイズ展開で、100キロを超える巨漢向けみたいなものが展開されている。

 世の中、ちょい太の人もいるのであるから、全てのシャツなどをスリム化することについて、声を大にして抗議を申し入れる次第である。

|

« 今週の小次郎 | トップページ | ひまわり基金法律事務所開設20周年に当たって(会長談話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の小次郎 | トップページ | ひまわり基金法律事務所開設20周年に当たって(会長談話) »