« 私の読書遍歴 | トップページ | マダニ »

2020年8月 5日 (水)

読書日記「湖の男」

 創元推理文庫。アーナルデュル・インドリダソン。

 エーレンデリュル捜査官シリーズの文庫本の最新作。
 湿地が第一作だったので、何作か飛んでいるため、登場人物の状況がその間に色々と変わっていた。
 順番に読めばよかったと後悔しつつ、これも直ぐに読了。

 干上がった湖の底から発見された頭部に穴が開いた白骨死体。
 その白骨死体は誰か、誰が彼を撲殺したのか。
 なぜその白骨死体にはソ連製の盗聴器が重しとしてつけられていたのか。

 失踪した人物を探すことに執念をもっている主人公の捜査が始まる。
 いくつかの賞を受賞したことも納得できる一冊である。

|

« 私の読書遍歴 | トップページ | マダニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の読書遍歴 | トップページ | マダニ »