« 今週の小次郎 | トップページ | 読書日記「うさぎおいしーフランス人」 »

2020年8月18日 (火)

地獄の練習

 8月15日は京都法曹サッカー部の練習日であった。
 取れたグラウンドが14時から17時。
 逆にいうと、この時間帯だからこそ空いていたのである。

 当日のグラウンドがある地点の気温は38度予想。
 スマホにはしきりに、運動は中止せよとの案内が入る(設定している天気予報のところから送ってくる)。

 お盆のこの期間に助っ人も合わせるとなぜか25名も集まり(コロナでサッカーができていないので、サッカーに飢えていたのであろうか。)、大コートで11対11のサッカーをした。
 私はコンビニで氷を買いあさり、凍ったアクエリアスを買い、頭には手ぬぐいを巻いて、首には冷感を出すというタオルを巻いて参加した。
 10分×4本くらい出たが、死ぬかと思った。
 手ぬぐいの中に氷を入れるなどして、なんとか乗り切った。サイドハーフで出て、アシスト1。

 実際に1人、途中で軽い熱中症の症状でダウンした。そりゃそうであろう。
 みんなにも氷を分けて何とか乗り切った。
 普段からサッカーをして鍛えている人ばかりであったので、それくらいで済んだともいえる。

 真夏のサッカーをして思ったことは、キングカズは大超人ということであった。

 熱中症には皆さんも気をつけましょう。

|

« 今週の小次郎 | トップページ | 読書日記「うさぎおいしーフランス人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の小次郎 | トップページ | 読書日記「うさぎおいしーフランス人」 »