« 好きなマンガが早く終わる | トップページ | 今週の小次郎 »

2020年9月11日 (金)

読書日記「春秋名臣列伝」

 文春文庫。宮城谷正光。

 中国の歴史に造詣の深い著者による名臣列伝である。
 中国の春秋時代の名臣を取り上げている。

 三國志の諸葛亮孔明が自らをなぞらえていたとされる管仲や、兵法家として有名な孫子のほか、正直名前すら知らない名臣が多数掲載されている。
 名臣かくあるべし、ということで処世術としても一読の価値はあるが、春秋時代の知識がない私のような者には年代記がわかりづらく、読むのに苦労した。また、各国に、「・・・公」という同じ名前の人が多数出てくることも混乱させられる。
 細かい話は抜きにして、名臣のあり方、そこから見えてくる人生訓に絞って読むということにしないと、細かいことまで頭に入れようとすると難しいと思われる。

|

« 好きなマンガが早く終わる | トップページ | 今週の小次郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好きなマンガが早く終わる | トップページ | 今週の小次郎 »