« 10月10日京都弁護士会配信イベント「地方で弁護士をしませんか?」のお知らせ | トップページ | 読書日記「すごい物理学講義」 »

2020年10月 1日 (木)

面談の重要性

 依頼者とメールと電話だけで報告や打合をしていると、ニュアンス等がうまく伝わらず、トラブルとなることがある。
 メールでは説得などはできず、事務的な内容にとどめるべきである。
 電話も簡単な聞き取りであればともかく、電話で長時間の打合等は避けるべきであろう。
 依頼者にも時間を割いてもらうことになり、手間はかかるが、やはり来所していただき、顔をつきあわせて打合することが重要だと思うのである。
 オールドタイプと言われるかもしれないが、人と人であるため、依頼者との関係では、やはりアナログなところは消すことはできないと思っている。
 Zoomなど、顔を見ながらのウェブでの打合は(弁護士会や日弁連の会議では多用しているが、事件では限られた回数しかしていない)、顔が見える分、メールと電話よりはよいかと個人的には思っているが、通信環境やカメラの性能によっては、やはりニュアンスがわかりづらいことがあり、もどかしさを感じるものである。
 そのため、せめて私の方の環境はよい状態にしようと考えて、無線ではなく有線の回線でウェブには接続するようにした上、カメラも性能がよいものを使用している。
 いい性能のカメラでも、私だけやはり顔の色が他の人と違っているが。。。

 以上です。

|

« 10月10日京都弁護士会配信イベント「地方で弁護士をしませんか?」のお知らせ | トップページ | 読書日記「すごい物理学講義」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月10日京都弁護士会配信イベント「地方で弁護士をしませんか?」のお知らせ | トップページ | 読書日記「すごい物理学講義」 »