« 書誌掲載情報、自保ジャーナル2068号 | トップページ | 弁護士と連休 »

2020年9月17日 (木)

エスカレーターにて

 とてつもなくどうでもいい話だが、エスカレーターは、一段一段空けて乗らないと、前の人に密着しすぎるし、リュックなどを背負っている人だと顔にリュックが当たる。
 なので、普通は一段空けて乗るのだが、たまに後ろにぴったりとくっつかれて乗られることがあり、前に一段上がると前の人にこっちがくっついてしまうので、対応に困る。
 たいていどちらかの列はエスカレーターを登ったり降りたりする人のために(本当はエスカレーターでは昇降してはいけないのだが)空いているので、横の列に移動して昇降してしまうかである。

 エスカレーターに乗っていて腹が立つのは、一つは急いでいる人が横の空いている列をすごい勢いで上り下りして、こちらの鞄や身体に激突されることである。そんなに急ぐくらいなら、もっと余裕をもって行動してもらいたいと思うのである。私だとまだ激突されても少々のことなら怪我もしないが、ご高齢の方だとバランスを崩して転倒して骨折をされるかもしれない。また、そもそもエスカレーターでは上り下りしてはいけないと書かれているのである。

 もう一つ腹が立つのは、前に乗っている人が、片足だけを一つ後ろの段に残して乗ったあげく、身体ごと後ろに移動することである。
 こちらとしては、そうされるとそこからまた一段空けて乗らざるを得ずタイミングを崩された上、私の後ろの人も私に続いて乗ろうとしているタイミングを失うこととなる。
 たかがエスカレーターの乗り方だと言えばそうであるが、些末なところに全てが宿ると信じたいので、小さいことをおろそかにする人は、きちんとしたことができないと思っている。
 とてつもなくどうでもいい話で失礼しました。

|

« 書誌掲載情報、自保ジャーナル2068号 | トップページ | 弁護士と連休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書誌掲載情報、自保ジャーナル2068号 | トップページ | 弁護士と連休 »