« 読書日記「カレーの世界史」 | トップページ | 通販やらかし事件簿 »

2020年10月 7日 (水)

初心を忘れる

 ありがちなのだが、ある程度弁護士をしていると、「この程度でよいか」として手を抜いたり、横着をしてしまう時もある。
 そうした時に、足下をすくわれるのである。

 弁護士になった頃は、何をするにも心配で、この程度でよいなどとは思わなかったはずである。
 また、面倒な事件だと、色々と理由をつけて断るかもしれないが、何の為に弁護士になったのかというところが大切だと思う(お金もうけがしたいなら、弁護士ははっきりいってそんな仕事ではない。)。

 そういいながら、私自身、25年も経つと、どうしても初心を忘れている時もあるだろうと自戒するところである。

|

« 読書日記「カレーの世界史」 | トップページ | 通販やらかし事件簿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書日記「カレーの世界史」 | トップページ | 通販やらかし事件簿 »