« 今週の小次郎 | トップページ | 裁判のWeb会議 »

2021年1月13日 (水)

読書日記「新型コロナとワクチン知らないと不都合な真実」

 日本経済新聞社出版。峰宗太郎、山本浩之。

 日経ビジネスの編集者である山本氏が、米国国立衛生研究所内アレルギー感染症研究所の峰先生(医師)に、新型コロナがどういうものか、ワクチンとは何か、今回の新型コロナワクチンとはどういうものか、PCR検査の基礎知識、世間に出回るデマ情報の見分け方などについて質問をし、それに対して峰氏が極めてわかりやすい語り口で説明をするという対談形式の一冊。読みやすい上に、素人が誤解しがちなところを簡明な言葉で整理されている。

 これは、年末にたまたま本屋で見つけて読んだのだが、今の新型コロナウィルスを取り巻く問題について考えるためには必読の一冊である。
 これを読めば、全国民にPCR検査をさせるべきということがいかに非現実的かつ問題かも分かる上、今回開発されたワクチンがどういうものかについて、また、ワクチン接種についての基本的な考え方や理解が深まる。
 峰先生はツイッターもされているということで、早速フォローした。

 未読の方は、是非読んでいただきたいと思う一冊である(なので、順番を飛ばして年明け一発目の読書日記に持ってきた)。

|

« 今週の小次郎 | トップページ | 裁判のWeb会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の小次郎 | トップページ | 裁判のWeb会議 »