« 弁護士の仕事のやり方 | トップページ | 大阪府の行政代執行 »

2008年10月16日 (木)

キメすぎている人

 電車に乗っていると、たまに(顔とかスタイルは別として)ファッション雑誌からそのまま出てきたような格好をしているビジネスマンに出会うことがある。
だいたいそういう人は、自分がかっこいいと思っているのか、斜に構えた雰囲気である。
 私は、そういう人を見ると、笑ってしまうのである。
 髪型で顔のブサイクなのをごまかしているヤツも多い。

 本に載っていたものそのままでキメルなどというのは、愚の骨頂であり、サルマネである。
 おしゃれをするなら、どこかにオリジナリティーを入れる必要がある。
 キメすぎているというのは、どこか滑稽なもので、どこかを外すことで滑稽さが消えるといわれる。
 私はおしゃれからほど遠い人間だが、ファッション雑誌からそのまま出てきたような格好はしない方がいい。陰で笑われるだけである。

 

|

« 弁護士の仕事のやり方 | トップページ | 大阪府の行政代執行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キメすぎている人:

« 弁護士の仕事のやり方 | トップページ | 大阪府の行政代執行 »