« サッカー合宿 | トップページ | 弁護士の仕事のやり方 »

2008年10月13日 (月)

読書日記10月13日

「アームストロング砲」司馬遼太郎。明治維新前後の激動期を描いた短編集。鍋島侯の狂気にも似たアームストロング砲熱のため狂ってしまう主人公を描いた表題作ほか、土方歳三の恐ろしさを描く「壬生狂言の夜」など。

「食い逃げされてもバイトは雇うな~禁じられた数字」山田真哉。さおだけ屋はなぜ潰れないのかがベストセラーとなった公認会計士が最近出した会計本。新書なのですぐ読めた。私自身は弁護士なので、ある程度の知識はあるのだが、頭が整理されるという点ではよかった。新人弁護士にはよい本かもしれない。下巻があるがまだ読めていない。

「宮部みゆき責任編集 松本清張傑作短編コレクション(上)」。文春文庫から最近出された短編集の一つ。本屋にいった時に購入して置いていおいた(本屋には1週間に2~3回行かないと落ち着かない)のを読んだ。いくつかは既に読んだ作品もあったが、私はこちらよりは、新潮文庫の傑作短編集の方がまとまっていて好きである。

「水の肌」松本清張。新潮文庫の短編集。間違って2冊買ってしまっていた。小説3億円事件が一番面白かったが、実在の人物を書いているので、(名誉毀損とかいわれないのかと)大丈夫なのかと危ぶんだりしてしまった。職業病かしらん。

超「超整理法」野口悠紀夫。グーグルでの検索を取り入れたら分類はいらないという新しい指摘を取り入れた、ベストセラーの超整理法の改訂版。目新しいことは書いておらず、過去に超整理法を読んだ時ほどのインパクトはないが(私は事件記録以外の資料などは押し出しファイリング法で管理している)、整理べたな人には参考になるだろう。

|

« サッカー合宿 | トップページ | 弁護士の仕事のやり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記10月13日:

« サッカー合宿 | トップページ | 弁護士の仕事のやり方 »