« 生き物いろいろ、その1 | トップページ | 織田信長(3) »

2008年10月 2日 (木)

織田信長(2)

 上洛の際、六角氏は織田・浅井・徳川連合軍に抵抗するが、その抵抗は虚しく、連合軍の前に六角氏はもろくも崩れ去ったのであった。このときより、六角定禎は信長に対して反逆を生涯の目的としてその一生をかけることになる(後に武田侵攻の際に焼き殺されるが)。

 上洛した信長軍は京の民に木曾義仲の再来かと恐れられたが、信長は、有名な「一銭斬り」の刑罰でもって軍を統括していたので、信長軍は略奪や強姦行為は働かなかったと伝えられている。この当時、戦勝側や侵略者が略奪や強姦をするということは常態であったので(武田信玄の配下もこれを愉しみにしていたようである。ジンギスカンは人生の至上の喜びは敵を屠り、敵の妻や娘をハーレムに放り込んでかわいがることであると言っていた。)、京の人々は信長を歓迎した。
 一銭斬りについては、信長の視野の中で、足軽が戯れに町娘が顔を隠していた布をめくって顔を見たというだけで、走り寄ってその足軽の首を一刀の下に切り離した話は有名である。
 このときの刀がなんであったかはわからないが、圧切と呼ばれた業物であったかもしれない。押しただけで人間の胴を切り離すことが出来たとされる業物である。

 足利義昭は第15代室町幕府の征夷大将軍に就任し、得意の絶頂であった。足利義昭は、このとき、信長のことを父と呼び、副将軍に就任するように要請したが、信長はこれを断り(幕府の役について、義昭の下風に立つことを嫌ったところ、信長が天下に対して野心があったことの何よりの顕れである)、草津や堺に代官を置くことを承認させた(いずれも商業都市であり、ここからあがる税金は相当のものである)。
 これが義昭と信長の長い暗闘の始まりであった。

|

« 生き物いろいろ、その1 | トップページ | 織田信長(3) »

コメント

中先生、こんばんは。
歴史シリーズと小又川バンガローに続くアウトドアシリーズを楽しみにしております。
歴史シリーズは女性読者にウケがよくない、とのことですが、おっさん読者は首を長くして待っておりますので、今後も継続をお願い致します。

投稿: K藤S一郎 | 2008年10月 2日 (木) 20時33分

はじめまして。
いつも、楽しんで拝読しております。

私は、女性で、歴史についての知識も深くはありませんが、歴史シリーズもとても楽しみにしていますので、またいろいろな人物について、書いてください。

お仕事シリーズも、目標というか、指針になるようなお話が多いので、参考にさせてもらっています。

投稿: 弥生人 | 2008年10月 3日 (金) 12時29分

ありがとうございます。
歴史シリーズは、書くのに時間がかかるため、時々しか掲載出来ません。
私の周辺の女性には歴史シリーズは不人気なのですが、歴史シリーズの中には人生訓のようなことも入っていますので、是非読んで下さい。
マニアックな読者(たとえばK藤S一郎君)の為にも、もちろん頑張ります。

投稿: 中 隆志 | 2008年10月 3日 (金) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 織田信長(2):

« 生き物いろいろ、その1 | トップページ | 織田信長(3) »