« 調停の待ち時間 | トップページ | 食べ物の不思議 »

2008年12月17日 (水)

電車の中で真ん中に立つじゃまな人たち

 それほど混んでいない電車だが、すんなりと通路を通ることが出来る訳でもない電車に乗っている時、出入り口があるところの真ん中に立つヤツがいる。
 端にはだいたい立っている人がいるので、真ん中に立たれると降りる時にじゃまになる。
 そういう場所に立つ人は、たいていは駅に着いて奥の方から降りる人が出てくると横に避けて通れるスペースを作る。

 しかし、中にはデンと床に鞄を置いてそのまま動かない人もいる。
 今朝もそうしたサラリーマンがいた。
 皆が降りる時にじゃまになっているのだが、真ん中に立ってよけようともせず、むしろ体に当たられて降りる客を憎々しげに睨んでいた。
 真ん中に立っているその立ち方も気取っていて、私の大嫌いなタイプである。

 私も降りる時にその人に当たらないと出られなかったので、あたりながら出てきた。
 普通は気配りというか、横によけるものであろうが、そうした配慮が出来ないのである。

 仕事でもプライベートでも、私は気の回らない人は嫌いである。

|

« 調停の待ち時間 | トップページ | 食べ物の不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中で真ん中に立つじゃまな人たち:

« 調停の待ち時間 | トップページ | 食べ物の不思議 »