« 吉本新喜劇か | トップページ | 人前で・・・ »

2011年8月12日 (金)

金魚のフンみたい

 先日、ある裁判所で、ボス弁が先頭に立って歩いている後ろを、一列で勤務弁護士が歩いているのを見かけた。
 金魚のフンか、おまえらは~。と心の中で突っ込んだ。

 弁護士はいくら勤務していても、独立した一人の弁護士である。もちろんボスを敬う気持ちは必要だろうが、あんなに一列に並ぶ必要はなかろう。
 私はボス弁と歩くときも別に横に並んで歩いていたし、私のところの自称勤務弁護士のKもそうである。

 勤務していた頃、先輩弁護士から、イソ弁根性をいつまでも持ってはいかんと言われたが、ああいうことなのだろうかと思うのである。

|

« 吉本新喜劇か | トップページ | 人前で・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金魚のフンみたい:

« 吉本新喜劇か | トップページ | 人前で・・・ »