« 京都弁護士会・新型コロナウイルス関連の無料法律相談について(2/1~3/31) | トップページ | 今週の小次郎 »

2021年2月 5日 (金)

読書日記「荒野へ」

 集英社文庫。ジョン・クラカワー。
 アラスカの荒野に満足な装備も食料もなく、足を踏み入れてサバイバル生活をした青年は、四か月後、廃棄されたバスの中で死体となっていた。
 何の不足もなく、恵まれた家庭で育ち、大学を優秀な成績で卒業した彼は、なぜ荒野へと分け入っていったのか。
 そして、彼の死因は何か。
 著者は綿密な取材で、その経過を明らかにしていく。そして、彼と同じように大自然の中で命を失ったり、行方不明となった青年達の歴史も語られる。
 全米でベストセラーとなったノンフィクションである。
 映画版(私はDVDを購入するも未視聴)のエンディングテーマは、現在BSで好評放映中の「ヒロシのぼっちキャンプ」の冒頭でかけられている、エディ・ヴェダーのGuaranteedである。

|

« 京都弁護士会・新型コロナウイルス関連の無料法律相談について(2/1~3/31) | トップページ | 今週の小次郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都弁護士会・新型コロナウイルス関連の無料法律相談について(2/1~3/31) | トップページ | 今週の小次郎 »