« お盆休みはございません | トップページ | 今週の小次郎 »

2021年8月13日 (金)

読書日記「カラスは飼えるか」

 新潮社。松原始。
 カラス愛に満ちた著者(動物行動学の専門家で、東京大学総合研究博物館・特任准教授。)による鳥雑学書。

 他の鳥も出てくるが、ほとんどはカラス愛に満ちているため、カラスの話である。
 ただ、カラスの飼い方ではないし、カラスが飼えるかどうかについてのみ書かれている訳ではないので、そういうことをこの本に求めて読んではいけない。
 頭を蹴られると喜んでいるところが変態である(著者自身の言葉である)。
 少し前に大津地裁でカラスが人の頭を攻撃してくることがあったようだが(入口近くに営巣していたためのようである)、筆者はきっと喜んで蹴られにいったであろう。
 難しい話はなく、気楽に読むことのできる一冊である。
 カラスはゴミを散乱したりするので嫌われるが、近くで見ると可愛い顔をしている。私は少し田舎に住んでいるため、カラスが常に近くにいるのである。
 二代目小次郎は雀や鳩は追いかけるが、カラスは怖いのか追いかけない。なんとなく私もカラスは怖かった。
 しかし、この一冊を読めば、カラスがより可愛く見えてくるかもしれない。
 

|

« お盆休みはございません | トップページ | 今週の小次郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お盆休みはございません | トップページ | 今週の小次郎 »