« 今週の小次郎 | トップページ | 結膜下出血 »

2022年2月22日 (火)

理想のコート

 予めお断りしておくが、どうでもいい話なので、読まなくてもけっこうである。

 常々冬に着用する理想のコートに巡り会えないかと思っているが、中々巡り会うことができない。
 そろそろコートが必要という程度の時期にはステンカラーコート(黒)を着ている。
 それほど寒さを気にしないが、コートなしでは寒い時期の頃に着用する。
 これにはあまり不満はない(ただ、長年着ているのでへたってきたので、同じメーカーのステンカラーコートの濃い青色を去年買ったが、裏地が特殊素材のため、あまり寒くない時期だと微妙に暑い。)。

 真冬が問題で、私は長袖の下着やタイツを着用しないことにしているので、インナーで調整することができない。
 ヒートテックや、タイツを履くと、過去例外なく風邪を引いたからである。事務所の中では暑すぎて汗をかいて、それが乾いて冷えて風邪を引いた。
 薄手のステンカラーコートのようなコートを着ているオジサン弁護士に、「そんな薄いコートでゆく寒くないね」と聞いたところ、ヒートテックとタイツを履いているということであった。
 しかし、私はコートで暖かさを調整するしかないのである。
 通勤するのにちょうどよい暖かさのコートが欲しい(あと、ポケットは斜めではなく縦型のものがいい。斜めだとポケットに何か入れた時に落ちそうだからである。ウールコートは風を通すのでイヤである。)。

 朝の二代目小次郎の散歩の時には、カナダグース(赤)を着ている。これは、最近流行っている町中スタイルにしたスタイリッシュなカナダグースではなく、マイナス40度まで耐えるという旧型のコートである。カナダグースが日本に入ってきて、まだ今のように流行していなかった頃、直ぐにこれだと思い購入した。これの暖かさはいうまでもないが、無論、これで通勤するのはやり過ぎである。電車の中で汗だくになるであろう。

 シンサレートという特殊素材の見た目は薄手のコート(ダークグリーン)は気に入っており、コートの着用範囲気温を見ていると、マイナス15度まで大丈夫であり、これにマフラーと帽子をかぶると大抵の時期は大丈夫である。出張をした時、厳寒期の札幌の外気にも問題はなかった。しかし、大分着ているのばへたってきた。同じコートがあればよいのだが、メーカーはもう同じものは生産していない。
 ウールリッチというメーカーのアークティックパーカというのは型式が気に入っていたのだが、これもダウンがふんだんに入っていて、日本の冬に着るのは暑いのと、サイズが少し小さいので、あげてしまった。

 なので、今年の冬も毎年の冬と同じくコートを探していたのだが、気に入ったものに巡り会えていないままに、「これでよいか」と思いコートを買ったがイマイチであった(着ているけど)。
 そして、買ったコートは中々捨てない上、へたってきたコートもしつこく置いているため、私の自室のコート掛けは常に倒れそうである。

 どうでもいい話である。 

|

« 今週の小次郎 | トップページ | 結膜下出血 »