« ドタキャン | トップページ | 今週の小次郎 »

2022年3月25日 (金)

読書日記「何らかの事情」

 ちくま文庫。岸本佐知子。

 翻訳家でありエッセイストである著者の少し前のエッセイ集。
 以前読んだエッセイ集が面白かったので購入して読了。
 この人の感性は私などは追随できないものであることは以前のエッセイから痛感させられていた。
 この本でもそのあたりの感性が大爆発している。
 最初から最後まで抱腹絶倒である。
 こういう本を読むのも人生の幸福な時間である。

|

« ドタキャン | トップページ | 今週の小次郎 »