« 視界が緑色(子どもの頃) | トップページ | 読書日記「今夜、すべてのバーで」 »

2022年8月25日 (木)

公園のブランコ

Dsc_1444

 私の家の隣側は公園で、ちょうど私が葉巻を吸うところの横にブランコがある。
 夏場は日よけを立てているので、私の姿が見えない。
 時々、大人がブランコに乗っているのを見かけるが、なんとなく寂しげである。
 だいたい思い切りブランコに乗るというよりは、寂しいこぎ方である。立ち乗りなどはしない。
 何かあったのだろうかと思う。

 まあ、それだけのことであるが、先日は黒猫が夕方ベンチで涼んでいた。
 黒猫もどこか寂しげである。

|

« 視界が緑色(子どもの頃) | トップページ | 読書日記「今夜、すべてのバーで」 »