« 事件解決の見立て | トップページ | 今週の小次郎 »

2024年3月 1日 (金)

読書日記「人はどう老いるのか」

 講談社。久坂部羊。

 小説家で医師の著者が老いについて語る一冊。学術的なものではなく、著者の現場での実体験に基づいた老いに対する考え方を示す一冊。
 どうすれば上手に老いることができるのか。
 苦しく「老い」を受け止めている人はどうなのか。

 私自身は「老い」はもう少し先のこととは思っているが、先のこととして考えさせられた。
 非常に読みやすい一冊でもある。

|

« 事件解決の見立て | トップページ | 今週の小次郎 »