« 琵琶湖の水位 | トップページ | 今週の小次郎 »

2024年3月22日 (金)

読書日記「自然、文化、そして不平等」

 文藝春秋社。トマ・ピケティ。

 21世紀の資本が大ベストセラーとなった著者が行った講演内容をまとめたもので、100頁ほどで薄い。
 そして講演内容をまとめたもので読みやすい。
 21世紀の資本は全て読破したが、これを読むだけで著者の考え方を知ることができる。
 資産を所有する者は基本的に持ち続け、男女の賃金格差は埋まることがなく、富裕層は税金まで逃れている。
 これを是正するために如何にあるべきか、静かな語り口でピケティが述べていく。

 勉強になる一冊。

|

« 琵琶湖の水位 | トップページ | 今週の小次郎 »