« 物がどこかに行く | トップページ | 今週の小次郎 »

2024年4月26日 (金)

読書日記「中国行きのスロウ・ボート」

 中央公論新社。村上春樹。

 単行本の復刻版が出ていたので、文庫では読んでいたのだが、安西水丸さんの表紙の絵が非常に綺麗な本でもあり、購入した。
 マンガはKindleで十分だが、小説などは実際の本に限る。

 大分前に読んだ短編集なので、正直、すっからかんに忘れていた(少し前に日本文学全集で読んだ「午後の最後の芝生」を除いて。)。
 この作品集の中では、やはり、「午後の最後の芝生」が秀逸である。
 「土の中の彼女の小さな犬」もいい。

 少し前に「街とその不確かな壁」が長編で出て、新作が出るまで時間がかかりそうなので(短編が出ないかなとは思っているが)、購入して読んでいなかった村上春樹全作品の短編を少しずつ読もうかなと思った次第である。

|

« 物がどこかに行く | トップページ | 今週の小次郎 »