無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

花見小路通り

 私はアイラモルトを空にすると、チェックをして店を出た。里内さん達が見送りに出てくれようとしたが、店も混み合っているので私の方でこれは遠慮した。
 「真田先生が来てくれると、いつも店が繁盛しますから。」
 別れ際が里内さんがそう言ってくれたが、一人で寂しく飲みに来ている私に対するお世辞だろう。
 「そう言われても困るな。」
 と私は行って店を出た。狭い路地を抜けて、花見小路通りに出た。
 外に出るとさすがに熱気は和らいだようだった。空気が少し肌に優しくなったようだった。それは私にだけ優しいのではなく、花見小路通りを歩いている人全てにそうだったし、それは京都に今居る人全てにそうだったろう。
 時計を見ると、時間は12時45分になっていた。帰るには頃合いだろう。一人酒をした真田隆一郎は、家に帰るとしよう。それに、私にはもう一人で行くことの出来る店も残っていなかった。
 そう思いながら、ぶらぶらと石畳の道を北に上がった。通りを行く人はまばらだったが、皆酔っているようだった。一人で歩いている人はあまりいない。タクシーもあまり走っていないようだった。花見小路通りのここでタクシーを待っても、先で捕まえられるのがオチだろう。四条通りまで少し歩くことに決めて、私は、訟廷日誌、財布、携帯電話、折りたたみ傘、思い出、その他いろいろなものが入っている黒く重い鞄を肩にかけ直した。
 そのとき、前を一人で歩いている女性の姿が目に入った。彼女は地味な色のタイトスカートに、淡い色のサマーニットを着ていた。髪の毛は肩よりも少し長い程度だった。
 酔っていたせいもあるが、着ている服も、髪型も妻の由紀に後ろ姿がよく似ているように見えた。
 私は淡い期待を抱きながら、少し足を速めて、彼女の少し前に出た。10メートルほど前に出ると、さりげなく振り返ってその女性を見た。
当然のことだが、それは妻の由紀とは似ても似つかない女性だった。美しい女性ではあったが、妻の由紀ではなかった。
 それは当然のことだった。
 死んだ人間が生き返るはずはないのだ。

2011年8月16日 (火)

バー「月」Ⅱ

 カウンターで葉巻に火をつけると、ギムレットが私の前に出された。
 私がバーで最初に飲むのは、ギムレットと決まっているのだ。
 あまりにも安易とはいえるが、ここでは、私の注文を聞かずともカクテルが作られるのだった。

 少し甘めのギムレットを少しずつ飲みながら、葉巻を何本か吸い、灰にした。その間に買うウンターにも客が入り、あまり織田君たちとの会話を楽しむことは出来なかったが、それでもビールを数杯ずつおごり、ギムレットの後はアイラモルトのロックを2杯空にした。
 今夜の私には、テリー・レノックスは現れそうになかった。店に入ってきた客はいずれも知らない客ばかりで、男女のペアばかりだった。男の方は、どうやって気の利いた台詞をいって、この後女性をその気にさせようかとやきもきしているようにしか見えなかった。
 また、女性の方は、気のないふりをしながら、それでも男が歯の浮くような台詞で自分をどうやって落としてくれるのかを待っている、そんなペアが二組だった。

 何となく一人でいる私はばからしくなってきて、2杯目のアイラモルトを空にして、席を立とうかと考えた時に、私の隣にすとんと座ったものがあった。
 私はそちらをちらりと見ると、奥のテーブル席で団体で話をしていた客の一人だった。
 女性で、年齢は20台後半のようだった。髪は肩のあたりで切りそろえている。赤く、胸の開いたワンピースを着ていて、自分の酒を片手に持っていた。最近流行の化粧をしているので、私には顔の見分けはつかない。
 「横、よろしいですか?」
 彼女は少し酔っているようだった。
 「私が拒否する権利はないね。空いているのだから。」
 そういって、私は織田君に「同じものを」といってアイラモルトを注文した。
 「私、奥のテーブルに居たんですけどぉ、一人でバーで飲んでいる男性ってかっこいいなって話してたんです。ちょっと話をしてみたいなぁと思って、勇気を出して横に座ってみましたぁ。」
 完全に酔っているようだった。もう一杯酒を注文したことを後悔したが、注文をとめる訳にもいかない。
 「それは光栄だが、私には友達がいないだけかもしれないし、変態的な趣味があって、女性にもてないのかもしれない。一人で飲んでいるのは別にかっこいいことではないとは思うがね。興味を持ってもらえるような男ではないよ。家では金魚を飼っていて、金魚に話しかけるしか会話がない暗い男かもしれない。」
 「なんですかぁ。それ、おもしろぉい。」
 「おもしろいかどうかはわからんがね。」
 「ますますかっこいいですぅ。何関係の人なんですかぁ?」
 「何関係と言われても困るな。」
 「お仕事ですう。」
 「もめ事のただ中に入っていって、それを解決してお金をもらう仕事だな。」
 「えー。探偵さんですかぁ。」
 「探偵はよかったな。違うよ。もう、自分のテーブルに戻った方がいいんじゃないかな。お友達が寂しがるよ。」
 「はぃ。。。あの、よかったら、私たちのテーブルに来ませんか?」
 「いや、せっかくのご厚意だが、遠慮しておこう。若い女性と話をすると、緊張して手が震えるんでね。」
 そういうと、彼女は、「そうですかぁ。すいませんでしたぁ。」といって気にする様子もなく、席に戻っていった。奥のテーブルでは、若い女性客たちが嬌声をあげて彼女を迎えているようだった。どうやら、私は彼女たちの話のタネにされただけのようらしい。
 オーナーが来て、私の方に身をかがめながら、「すいません。真田先生。」といってきた。
 「いや、誘われるとは光栄だね。私もまだまだ捨てたもんじゃないってことかな。」
 「真田先生はモテるでしょう。」
 「モテてみたいね。でも、実際にモテると、きっと邪魔くさいもんだろうな。」
 と言って、私はまた葉巻を吸い、アイラモルトを一口飲んだ。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31